脱毛のメカニズムと毛周期

脱毛のメカニズムと毛周期

脱毛効果を期待したいなら

ムダ毛を処理したい場合、毛周期というメカニズムを知っておくと良いでしょう。毛が生えてくる周期というのはだいたい決まっており、ワキ毛の場合は2か月〜3か月という周期で次のサイクルに移行していきます。

生えている部分によって周期は異なっており、女性の髪の毛の毛周期は4年〜6年と長くなっているため、女性は男性よりも髪の毛を長く伸ばせるということです。エステサロンの施術は毛周期に合わせて受けると効果的であり、予約は2〜3か月に1度という設定です。

成長期の毛はメラニン色素を多く含んでおり、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛で効果があるのは成長期の毛だけとなっています。

綺麗にムダ毛を処理したい

そのためムダ毛を綺麗に無くしたい場合、1度だけでなく何度かエステサロンやクリニックに通う必要があるのですが、すぐに効果を実感することは少ないでしょう。

毛量や範囲によっても効果の実感しやすさは変わってきます。ちなみに、休止期の状態でこれから成長期に入る毛が多い場合、効果を実感するのが遅くなると言われています。また、毛抜きやカミソリなどで自己処理を行っていた場合、あまり自己処理をしていなかった人よりも効果が出にくくなるということです。エステサロンやクリニックで施術を受けた場合、肌への負担が大きいのでアフターケアも大切です。


毛周期と脱毛


体毛には生まれ変わりのサイクルがある

脱毛は1度の手入れでは終わらないのは、体毛には生まれ変わりをするサイクルがあるからです。エステでもクリニックでも、その人の毛周期に合わせて通い、施術をすることになります。

施術の時期は成長期であり、細胞分裂が非常に活発になっている時です。毛は自ら元気に成長をしていきますので、その時期を狙って光やレーザーを照射するのが、最も効果的な方法です。成長期はいつまでも続くわけではなく、2ヶ月から3ヶ月後になったら、再び成長期の時期がやってきます。お手入れは、その成長期に合わせて行います。

サイクルに合わせた施術とケアを

毛周期の成長期に照射をしたら、そのあとには退行期が来て、休止期のお休み期間に入ります。この時期は照射をしても、毛への効果はないです。

毛が自然に抜け落ちていく時期であり、休止期に入ると次の成長期までの準備段階ですので、成長期が来るまで待つことです。その期間は施術はありませんので、効率的な結果を出すためにも、肌の保湿のケアをしっかりやっておく時期です。肌が潤いに満たされていれば、脱毛時の照射の時の痛みは少ないですし、施術の効果も高まるからです。肌状態をよくすることが、脱毛には重要です。


ホルモンバランスと脱毛


ホルモンバランスが悪いとどうなる?

女性にも、男性ホルモンがあり、それぞれの毛によってホルモンの作用が異なります。女性の持つ男性ホルモンは、男性の約1/10といわれており、その作用が働くのは、男性毛といわれてるひげや胸毛、手足に生える濃い目の毛です。

そのため、この男性毛の部分が普段に比べて濃いとか増えたような気がするなどと思った女性の場合には、男性ホルモンの分泌が活発となっていることとなり、通常のホルモンバランスが崩れているということになります。ムダ毛などの発育を抑制する女性ホルモンを活発にすることにより、バランスが戻るということです。

こんなときの脱毛はどうしたらいい?

脱毛を行なうときには、当然ホルモンバランスのとれた状況が一番効果的です。

女性の一番気になるムダ毛のほとんどは男性ホルモンによる男性毛の部分ですから、その分泌が活発な時には脱毛しにくいともいわれています。そのためには、睡眠不足やストレス、ダイエットによる栄養不足などが要因とされているので、女性ホルモンを高めるよう、十分な睡眠と規則正しい食生活を行い、バランスを整えることが最適です。

女性ホルモンは、脱毛の効果に限らず、美肌や健康のためにも大変重要な役割がありますので、高める努力も必要といえます。


脱毛後の飲酒の影響は?


脱毛した直後の飲酒は厳禁

脱毛した後の飲酒は厳禁です。どうしてなのかというと、脱毛をした直後というのは肌に熱がこもっている状態となっているからです。光やレーザーが照射された時に脱毛効果があるのは熱を発生させている事が理由であり、その熱は体毛だけでは無くて肌にも影響は出ます。

その状態でお酒を飲んでしまうと、体温を上げてしまうので肌が赤く腫れて火傷の症状が出てしまう可能性があるのです。

きちんとしたエステサロンやクリニックならばカウンセリングでの注意事項でも説明があるはずですが、トラブルの可能性を避けるためにもお酒は飲みたくても我慢してください。

脱毛後だけでは無く脱毛前にも注意

施術を行った後にお酒は良くない理由を説明しましたが、この理由からも想像できるように飲酒の影響は施術後だけの話では無くて施術前にも当てはまるので気をつけなくてはならないです。

お酒が完全に抜けるのには数時間かかりますが、施術前に体温が上がった状態であれば、結局は施術後にお酒を飲むのとほとんど違いは無い状態となります。体温が上がった状態で施術すれば、やはり平常時では問題ないようなケースであったとしても、火傷のトラブルになる可能性が高くなってしまいます。お酒が好きな人ほど、この事については注意しておく必要があります。

 

サイトマップ